■箱庭(芸術)療法とは

心の深層にある感情や記憶を箱の中に表し、心の様子や抱えている状況を客観視することで、問題の受入れ、緩和、改善を促していく療法です。

枯山水や盆栽などに代表される囲われたスペースに自分の内面(世界観)を表現するもので、日本人の内面を大切にする感性に合った療法です。


◉箱庭療法は、1900年代にヨーロッパで発達した心理療法、芸術療法の1つ。

河合隼雄氏(元京都大学名誉教授  日本の分析心理学普及に貢献)がユング研究所に留学中に箱庭と出会い、箱庭のもつ有効性を感じ日本に持ち帰る。その後心理学部をもつ大学や、精神科病院、子供の発達相談などにおいて箱庭が用いられ、効果的な心理療法として確立しています。

最近では、児童相談所、学校の相談室、心療内科のカウンセリングルーム、産婦人科、終末期医療病棟、高齢者施設などさまざまな場面で活用されている療法です。


参考:『箱庭療法入門』河合隼雄 著



■箱庭療法の受け方

砂の入った木箱の中に、小さなオブジェクトと呼ばれる様々なおもちゃを使いながら、砂を掘って川や海、街を作っていきます。
自分の内側と、箱の中の世界とがピタッと重なり合うところまで楽しみながら進めます。

その後、いくつかの質問をしていきますので、感じたままを言葉にしてみてください。

心理学とヨガの伝統的な知恵の両面からお話をお聞きしていきます。



■描画療法の受け方

クレヨンを使い、感じたままに紙に絵を描いてみます。
浮かんだイメージや色、形をそのまま紙に映し出していきましょう。

絵の上手さは関係ありません。

2.3歳児になったつもりで自由に表現してみてください。




■フォーカシング療法

苦しみや痛み、悲しさなどの感情を擬人化して、その対象と向き合います。


ヨガや瞑想が得意でない方に、お子さんにも大変有効です。

リラックスしながらゆっくりと一緒にみつめていきます。


■箱庭、描画療法等料金

90〜120分 10000円
高校生までは5000円(60分〜90分)



◉カウンセリングとともに行っております。

必要な方には医療機関をお勧めする場合があります。

お気軽にご相談ください。