■箱庭療法とは

箱庭療法は、1900年代にヨーロッパで発達した心理療法です。
河合隼雄氏(元京都大学名誉教授。日本の分析心理学普及に貢献)がユング研究に留学中に箱庭と出会い、箱庭のもつ有効性を感じ日本に持ち帰りました。その後、日本では病院や大学、子供の発達相談などにおいて箱庭が用いられ、効果的な療法として確立していきます。


箱庭は、枯山水や盆栽など囲われたスペースに独自の世界観を表現する日本独特の感性に合うといわれています。

区切られた箱内のスペースに、意識と無意識との境にある領域に生まれたものを視覚化することによって、自分でも気づかなかった深層意識にある課題に向き合うことができます。
(参考:『箱庭療法入門』河合隼雄 著 誠信書房)

 

◎ホシゾラのじかんでは、心理学の知識とヨガの知恵の両面からアプローチすることで、箱の中に表現された情景から現在の状態とこれから進む方向をカウンセリングを含みながら一緒に読みとっていきます。

自分の立ち位置、社会での役割、どのような自分で生きたいのか、など自分を客観的に見つめる手段としてお使いください。


箱庭療法を受けることで、自分でも気づかなかった潜在的な感情や記憶、未来への希望が認識されることでしょう。

 


■箱庭療法 内容

箱庭療法

砂の入った木箱の中に、小さなオブジェクトと呼ばれるおもちゃを置いたり、砂を掘ったり山にしたり。
自分だけの世界を作ります。
何回作り変えてもかまいません。
自分の内側と見えている箱庭の世界とがピタッと重なり合うところまで楽しみながら進めます。

描画療法

クレパスを使い、感じたままに紙に絵を描いてみます。
何枚描いてもかまいません。
浮かんだイメージや色、形をそのまま紙に映し出していきましょう。

上手い下手は関係ありません。

3歳児になったつもりで自由に表現してみてください。

エンプティチェア療法

目の前の空っぽの椅子に、もう一人の自分が座っているイメージをしながら、自分の課題となる部分と正直に向き合います。

自分の一面を客観視することで理性的に自身を捉え、問題を解決するすべを感じ取りやすくなります。



■箱庭療法等 料金

・10000円 (90分)
・中学生までは5000円(60分〜90分)
(小学生以上であれば受けていただけます)
 場所はヨガ小屋にて行います。

■箱庭療法等の進め方

箱庭の中に自由に思うままに自分の世界を表現してみてください。

途中、私からいくつかの質問をします。
そのときフッと浮かんだイメージを言葉にしていきます。
箱庭や絵がどんな意味をもつのか、一緒に探っていきます。
きっと、自分も知らなかった自分の大切な内面が見えてくることでしょう。


箱庭は、言葉での表現が苦手な方や子供さんにもわかりやすく自分の内面を理解できる手ごたえがあるため、心境の変化が表れやすく環境への適応効果を発揮します。
また、定期的に(半年ごと、一年おきなど)受けることで、箱庭に現れた情景が日常での変化と重なりリンクしていくのがわかります。

内面を客観的にみつめ、そのままを受け入れ許すプロセスは、ヨガにおける心の進化そのものです。

 

◎療法は好きなものを選んでいただくこともできます。

(通常は、まず箱庭を使い、必要に応じてほかの方法を提案していきます)

 

【ご予約・お問い合わせ】


予約制となります。

メールにてお申し込みください。

nagihappy11182007@softbank.ne.jp

(下記メールフォームからもお申し込みいただけます)

 

■初めての方は、電話番号も合わせてお送りください。

■こちらから2日経っても返信がない場合、届いていない可能性があります。お手数ですがメールをもう一度送信してください。
■お休みされる場合、キャンセル料はいただいておりませんが、早めの連絡をお願いしております。

 

ホシゾラのじかん 上矢なぎさ

 

メモ: * は入力必須項目です